不眠の原因になる病気とは|早期治療が大切な下肢静脈瘤|元の足を取り戻す方法
ドクター

早期治療が大切な下肢静脈瘤|元の足を取り戻す方法

不眠の原因になる病気とは

ドクター

本人は気づきにくい

睡眠時無呼吸症候群は、その名の通り眠っている間に呼吸が止まる、あるいは呼吸量がいちじるしく低下する病気です。症状自体はそれほど深刻なものではありませんが、睡眠不足によって日常生活に重大な支障を来すことがあります。また、肥満とも密接な関係があるため、生活習慣を見直すための一種の「サイン」としても重要です。医学的には、無呼吸とは気道に10秒以上空気が流れない状態のことをいいます。この無呼吸状態がひと晩(7時間の睡眠)の間に30回以上起きるか、1時間に5回以上起きれば睡眠時無呼吸症候群であると診断されます。眠っている間のことですから当然といえば当然ですが、睡眠時無呼吸症候群にははっきりした自覚症状がありません。朝起きた時に体調がすぐれないとか、大きないびきをかいているので家族が不審がるなどして気づくケースがよくあります。

車の運転などに支障が出る

睡眠時無呼吸症候群には、気道が物理的に閉塞して起こるタイプと、呼吸をつかさどる中枢神経の異常で起こるタイプの2種類がありますが、割合としては前者が多数を占めます。気道が狭くなる原因の多くは肥満によるものですが、骨格や舌及び扁桃腺の大きさなど、先天的な要因もあります。睡眠時無呼吸症候群を放置していると睡眠の質が低下し、疲れがとれなくなるなどの弊害が表れます。目覚めている間も始終眠気をおぼえたり、集中力が低下したりします。自動車の運転や機械の操作をする人などにとっては特に危険です。睡眠時無呼吸症候群の治療には、CPAPと呼ばれる治療法がよく用いられます。これは、鼻にマスクをしてチューブを通して空気を送り込み、気道を確保するというものです。最近では鼻に直接挿入する小型のチューブを使った治療法も導入されており、より手軽に使えるとして人気を集めています。