在宅で医療を受けてみては|早期治療が大切な下肢静脈瘤|元の足を取り戻す方法
ドクター

早期治療が大切な下肢静脈瘤|元の足を取り戻す方法

在宅で医療を受けてみては

看護師

入院と在宅での治療の違い

近年、在宅医療のことがクローズアップされてきています。在宅医療とは、患者が住んでいる家や老人施設などに医師や看護師などの医療従事者が訪れて、医療サービスを行うことをいいます。入院中は患者にとってストレスが何かとたまります。住み慣れた家で過ごすのと違い、生活面でいろいろと制限されることが多いからです。在宅医療のメリットとしては、今まで過ごしていた住まいで、ストレスを感じることなくゆったりと自分らしく過ごしながら治療を受けられる点にあります。またこのような精神面だけでなく、経済的な面からも良い点があり、入院費用よりも治療費用は軽減されます。家族の負担は以前より増しますので、いかにして家族の負担を減らしながら在宅医療を続けていくか工夫をしていく必要があります。

在宅で治療すると決めたら

在宅医療を始めてみようと決心したら、まずは入院中の病院の相談窓口やケアマネージャー、高齢者地域包括医療センターなどに相談してみることが第一歩となります。お住まいが世田谷区であれば、世田谷区で在宅医療を行っている医療機関を紹介してくれることでしょう。家族がネットなどを利用して世田谷区の在宅医療を行っている医療機関がどのくらいあるのか、調べてみるのもよいことです。世田谷区の住まいから近い、信頼おける医療機関が見つかる場合もあります。患者が安心して自宅で過ごせるよう、どのような在宅医療のチームが受け持ってくれるのかは非常に重要です。医師や看護師だけではなく、薬剤師や理学療法士、栄養士や歯科衛生士など、様々な医療スタッフが関わってくれることになります。